top of page
  • 執筆者の写真Guillaume Hansali, CEO, guitarist, and wine lover

「スタッフ・インタビュー」 Rob

Rob Towell, Director of Engineering


あなたの平均的な一日はどのようなものですか?

平均的な日ね・・・

これまでWizcorpで過ごして来た日々の中で、特に現在の職務においては、平均的な一日を定義することはなかなか難しいですね。 私たちの仕事は非常に多岐にわたっており、常に何かを学ぶことが多く、自分の快適な範囲を超えることが日常茶番です。


私は1日を3つの時間帯に分けて考えるようにしています。 朝(ちなみに私は朝型人間ではありません)、午後の早い時間、午後の遅い時間です。午前中は、自分が担当しているプロジェクトの進捗状況や、採用情報のメールを確認しています。また、チーム内のエンジニアに連絡を取り、彼らが抱えている問題を解決するための時間にもなっています。 ミーティングは午後の早い時間に行うようにしています。これは、緊急に処理しなければならないことがあれば、すぐに処理できるようにするためです。午後遅くには、プロジェクトの仕事に時間を割くようにしています。


これは理想的な一日ですが、計画通りにはいかないことが多いですね。また、プロジェクトリーダーとして働いているときは、プロジェクトの作業日を週の半ばにして、集中してプログラミングができる時間帯を確保するようにしています。


Wizcorpではどのようにキャリアを積んできたのですか?

私がゲーム開発のキャリアを本格的にスタートさせてくれたのは、Wizcorpです。Wizcorpに来る前は、ソフトウェアエンジニアとして8年間企業で働いていましたが、ゲーム業界に飛び込むのは簡単なことではなく、ゲームに特有の多くのスキルセットを必要とします。私はジュニア/ミッドティアのエンジニアとして入社しましたが、C#の知識をUnityの環境に移すだけでなく、新しいテクノロジースタックを素早く学ばなければなりませんでした。最初の数年間はジェットコースターのようでしたが、優秀なリードエンジニアがいたおかげで、自分の知識のギャップをすぐに埋めることができたと思います。


数年後、私はリードエンジニアとしてプロジェクトに参加するようになりました。プロジェクトが順調に進んでいることを確認し、作業を割り当て、ゲームシステムの高品質なアーキテクチャーデザインを作成しなければなりませんでした。


この2年間でエンジニアリング・ディレクターに昇格し、マネジメントの複雑さを学んでいます。 また、Wizcorpは小さな会社なので、大企業のように役割が明確ではないと感じています。私の役割でも、通常では考えられないような仕事をすることができるので、とても楽しいですね。


Wizcorpの一番の魅力は何ですか?

受託開発会社である当社のビジネスマージンは非常に薄いものです。一年中仕事があるわけではないので、他の大手ゲーム会社や技術系企業と比べて、エンジニアに払える給料は残念ながら限られてしまいます。


現在Wizcorpではリモートワークが盛んに行われていますが、これはエンジニアが東京以外の場所でも仕事ができるようにするためのチャンスでもあります。会社が成長し、現在のゲーム開発分野での経験を積むことで、この状況が改善されることを期待しています。


Wizcorpで一番腹が立つものはなんですか?

これは、ブログで日々の仕事について書いてくれるほとんどの人が共感してくれることだと思います。Wizcorpの社員は、私がこれまで一緒に仕事をしてきた中でも、最も尊敬に値する、プロフェッショナルな人たちです。また、一緒に仕事をしていてとても楽しいですし、これまでに何人もの素晴らしい友人を作ることができました。


もうひとつの大きなポイントは、職場環境です。パンデミックが発生したこの1年間で、Wizcorpが社員の安全や、社員にとって重要なことを大切にしていることがよくわかりました。 私は在宅勤務の状況を改善するためのタスクを持っていますし、会社としても日々労働環境を改善するために努力しています。


Wizcorpで何を学びましたか?

ゲーム業界の良い点と悪い点について、多くのことを学びました。 ゲームと他のソフトウェアエンジニアリングとの最大の違いは、創造的なプロセスにあると思います。 ソフトウェアエンジニアとして、これは難しいことです。常に高品質のコードを作りたいと思っていますが、ゲーム開発のライフサイクルを進めるうちに、コードが置き換えられたり、完全に捨てられたりすることがよくあります。 高品質のコードを書くために時間を費やすべき時と、ゲームデザイナーに早く機能を提供するべき時を見極めることが非常に重要です。


コードや完璧なプロセスに執着しないことは、学びの多い経験でした。 大きなスタジオと仕事をしていると、デザインの変更のために数週間分の仕事が投げ出されてしまうことが、思った以上に多いのですが、結局のところ、そのおかげでゲームは常に良くなっていると感じています。

ゲームの開発方法に対する自分の思い込みが、クリエイティブなプロセスに不満を抱かせていた部分もあると思います。ゲームの開発は面倒なことが多く、一筋縄ではいきませんが、問題への取り組み方や変化への対応に柔軟性を持たせることは、ゲームを成功させるための大きな要素です。


あなたの意気込みを教えてください。

今の私にとって最大の野望は、世の中で最も難しいエンジニアリングの問題に取り組むことができるエンジニアリングチームを育てること、そしてそれを常に学び続ける正しい考え方を持つことだと思っています。


Wizcorpに興味を持っている人に知っておいてほしいことは何ですか?

このような環境で働くには、仕事への取り組み方についてある種の視点を持っていなければならないと思います。 Wizcorpはもちろん完璧な会社ではありませんし、すべてのことが固定されたプロセスに組み込まれているわけではないことを心に留めておいてほしいですね。 どんな仕事が自分に合っているのか、何ができるのか、何に時間をかけてスキルアップする必要があるのか、上司と一緒に考えていく必要があります。また、通常では考えられないようなことに取り組む心構えも重要ですかね。




閲覧数:291回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page